蜂の子とは

蜂の子は、その名前の通り「蜂の子供」を意味します。
さらに細かくいうと成虫になる前の蜂の幼虫やサナギのことです。
ローヤルゼリーやプロポリスは、ミツバチによって作り出される製品として有名です。
しかし蜂の子の場合、クマバチやアシナガバチ・スズメバチなど、様々な種類の蜂の幼虫を総合して蜂の子とよびます。
ミツバチだけに焦点を絞ってみると、蜂の子として利用されるのはオスの幼虫やサナギが多いです。
これはミツバチのオスとメスの役割の違いによるものです。

基本的にオスの蜂というのは、働き蜂として働くことがありません。
働いているのは全てメスの蜂なのです。
オスの蜂は女王蜂と交尾をして子孫を残していくために存在するので、労働の役割を担いません。
ミツバチも、このオスとメスの役割分担は同じですが、ミツバチのメスは「ローヤルゼリー」や「プロポリス」を作り出す役割があります。
ローヤルゼリーやプロポリスはミツバチのメスのみが生成できるもので、その他の種類の蜂たちが作り出すという事実は確認されていません。
そのため、ミツバチのメスを蜂の子として利用してしまうと、ローヤルゼリーやプロポリスが採取できなくなってしまうのです。

ローヤルゼリーは花粉や花の蜜を働き蜂が食べ、体内で合成を行い、唾液腺から体外へと排出されようやく完成します。
プロポリスは樹脂などを原料にし、材料と唾液を混ぜながら何度も咀嚼を繰り返すことで生成されます。
どちらも完成までに非常に手間がかかり、生成される量も少なくとても希少なものです。
ですから生成量を減らしてしまわないよう、ミツバチの「蜂の子」は、オスを使用することが多いのです。

蜂の子を摂取した場合の効果として、代表的なものは「耳」の不調の改善。
蜂の子にはストレス解消や血行を良くする効能があり、それが難聴や耳鳴りを解消するとされています。
また体の老化防止にも効果的で、肌の劣化や白髪を防ぐことで、アンチエイジングも期待できます。
体を若く保つことで、老人性の難聴の改善にも効果的です。