蜂の子は巣ごと採取する

蜂の子を手に入れるには、蜂の巣ごと採取する必要があります。
そもそも蜂の子とは、まだ成虫になっていない蜂の「幼虫」や「サナギ」のことをいいます。
当然まだ成虫のように外へと飛び出すことは不可能であり、幼虫は全て巣の中にいる状態です。
巣の中から一匹一匹を取り出すことは出来ないので、まずは巣を採取し、その後にゆっくりと巣穴の中に入っている幼虫を引っ張り出すのです。

蜂の巣の採取が比較的多く行われているのは、長野や静岡、岐阜や宮城県といった地方です。
蜂の子を採取するためには、まず第一に、蜂の子のつまった巣を見つけ出す必要があります。
巣を見つけるのには、飛んでいる蜂を探し、その移動の仕方から巣の場所を割り出す方法。
蜂が巣に帰るまで追跡する方法などがあります。
蜂の巣を見つけても、すぐに持ち帰ることは出来ません。
蜂の巣には幼虫やサナギだけでなく成虫も多く住んでいますから、いきなり巣を採取しようとすれば総攻撃にあってしまいます。
そのため煙を炊き煙幕を作り、蜂の巣をいぶしていきます。
長野県では蜂の採取を目的とした専用の煙幕も販売されています。
巣をいぶされると蜂たちは仮死状態に陥るので、攻撃される心配がなくなります。
後は巣の外に出ている蜂が戻ってくる前に、そして仮死状態の蜂が目覚める前に素早く巣を採取します。
蜂の種類によっては、地面の中に巣を形成するので、その場合は巣を掘り起こして採取することになります。
巣が採取できれば、後は蜂の子を引き出す作業が残るのみです。
幼虫の入った巣穴は蓋がされている状態なので、蓋を除去して、ようやく幼虫やサナギを巣から取り出すことができます。
採取した蜂の子は甘露煮や素揚げなどの料理になったり、時には生食で、巣から引き出したそのままの状態で食されることもあります。

また、加工が行われ、錠剤のサプリメントやカプセル剤として販売されることも多いです。
同じ蜂を利用した食品としては、ハチミツやローヤルゼリーが有名です。
しかし栄養価としては、ハチミツよりローヤルゼリー、そしてローヤルゼリーよりも蜂の子の方が高いとされています。