蜂の子の原料とは

蜂の子の原料になっているのは、そのものずばり蜂の「幼虫」や「サナギ」です。
蜂の子とは、この幼虫やサナギを採取したもののこと。
必要に応じてサプリメントや缶詰などに加工されますが、そのまま調理されることもあります。
一種類の蜂ではなく、スズメバチやアシナガバチ、クマバチ、スズメバチなど色々な蜂の幼虫が蜂の子として採取されています。
少し特殊な例としては、ミツバチの幼虫やサナギを蜂の子として採取する場合、主に採取の対象になるのは雄というものがあります。
これがなぜかといえば、オスのミツバチは人間にとって生産性がないと判断されるためです。

ミツバチの中で、蜜や花粉を集めてハチミツやプロポリス、ローヤルゼリーといった物質を作り出す働き蜂。
この働き蜂の全ては雌の蜂なのです。
女王蜂でない雌の蜂は働き蜂となり、収集活動から女王蜂の世話まで、巣の内外でせっせと活動をします。
これに対して雄の蜂に与えられた役割は繁殖。
女王蜂と子をなすために雄の蜂は生きているのです。
子孫繁栄はもちろん大切なことですが、人間にとって有益なプロポリスやローヤルゼリーを生み出してくれるのは雌のミツバチだけです。
雌のミツバチは樹脂と自らの唾液、ホルモンなどを混ぜ合わせてプロポリスを。
花粉や花の蜜を体内に取り込み、合成を行うことでローヤルゼリーを生成します。
どちらにも高い健康効果が期待されていますが、生成される量がもともと少なく、採取できるのも極僅かです。
ですので、プロポリスやローヤルゼリーを作ってもらうため、ミツバチの雌を蜂の子として採取するのは避けられるのです。

蜂の子の採取は、まず蜂の巣を見つけることから始まります。
蜂を追跡して巣の場所を確かめたら、巣に煙幕を発生させて蜂の動きを鈍らせます。
そうして巣ごと蜂の子を持ち帰るのです。
巣を持ち帰った後は、巣の中に収まっている幼虫やサナギを、ピンセットなどを使用して巣の中から引きはがしていきます。
蜂の子は様々な形で販売されていますが、大元の原料はといえば「蜂の子」供そのものなのです。