蜂の子とローヤルゼリーの違いとは

蜂の子とローヤルゼリーの最大の違いは「蜂自身」であるか「蜂による生成物」であるかという点です。
蜂の子とローヤルゼリーは、それぞれどのようなものなのでしょうか。

蜂の子

蜂の子とは、いわば蜂そのもの。
まだ成虫になっていない蜂の幼虫や、サナギのことをいいます。
とりわけ蜂の種類の指定はなく、スズメバチやクマバチ・アシナガバチなど、色々な蜂の幼虫が蜂の子として市場に出回ります。
少し特殊なのはミツバチであり、ミツバチの蜂の子はそのほとんどが「オス」なのです。
ミツバチのメスは、後述のローヤルゼリーや、プロポリスを作り出すことのできる唯一の存在です。
貴重なローヤルゼリーやプロポリスの生成を促すため、メスのミツバチが蜂の子として扱われることはあまりないのです。
蜂の子はサプリメントの他、素揚げや甘露煮、つくだ煮といった料理の形でも摂取することが出来ます。

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーは「ミツバチ」の中の「女王蜂」の為に作られる食料です。
女王蜂はメスの蜂の中で唯一産卵を行う個体であり、強靭な体や寿命を手に入れるために高栄養価なローヤルゼリーが必要になります。
女王蜂は終生ローヤルゼリーだけを糧とし、他の食料を口にすることはありません。
またオスのミツバチや働き蜂(女王蜂以外のメス)がローヤルゼリーを食べることもありません。
働き蜂は花の蜜や花粉を集め、巣に持ち帰ります。
これらを若年の働き蜂が一旦体内に取り入れ、自らの分泌物と混ぜ合わせていきます。
そして体内での合成が終わった後、咽頭線を通って体外に排出されるのがローヤルゼリーなのです。
ローヤルゼリーはクリーム状で乳白色なのが特徴です。
女王蜂が幼虫であれば女王のいる「王台」という巣穴に貯められていき、女王が成虫となれば口移しで供給されます。
孵化した時点では、働き蜂と女王蜂に特筆すべき違いはありませんが、女王蜂は生まれた瞬間からローヤルゼリーを与えられることになります。
ローヤルゼリーを摂取し続けることで、他の蜂たちと比べ1.5~3倍にもなる体躯、40倍ともいわれる寿命、そして産卵機能を手に入れるのです。
ローヤルゼリーには、平凡な幼虫を女王蜂へと育て上げるほど、多くの栄養が詰まっているのです。